2009年02月01日

がん(癌)にかかりにくくする為に。

花翠です。
ガン、発病するの怖いですね。

 寿命を全うしてお迎えが来る日まで、明るく元気に生きたいですよね。
アフラックへのガン保険の月々の支払いは重い負担ですけれど、
いざという時自分や家族の為に払い続けざるを得ないですね。
ある研究機関の癌になり難い人の傾向を調べたレポートです。


<何のために>
がんにかかり難くするための生活習慣を改める為に

<何をすれば良い>
 ・タバコ(煙草)を吸わない。

 ・お酒は月に数回程度。

 ・BMIは25〜27(やや小太り程度)。



<何で>

2009年1月31日のニュースでとっさにメモを取りました。
中高年40〜60代を追跡調査し、もっともガンにかかりやすい人と
かかり難い人の傾向を分析したそうです。
(誰が調査したかはメモできませんでしたが
 ちゃんとした研究機関が長年かかって集めたデータを
 分析したものでした。)


もっともがん(癌)にかかりやすい人は
・タバコを一日2箱以上吸う

・お酒を毎日に飲む

・BMIは30以上(肥満)

                だそうです。


逆に最もかかり難い人は
・タバコ(煙草)を吸わない。
・お酒は月に数回程度。
・BMIは25〜27程度。やや小太り程度。

だそうです。


BMIだけを見ると22が理想とされていますが
中高年はスマートに痩せているよりやや小太り位の方が
ガン(癌)への抵抗力が高い様です。


小太りの人の方が
 無理をせずニコニコ円満に暮らしている?

そんなイメージがありますよね。

ガンで苦しむなんて嫌ですね。

因みに
BMI [body mass index](ボディ・マス・インデックス)とは、
肥満度を表す国際的指標。
BMI=10×体重(kg)÷身長(m)の2乗 
                で計算します。

計算する時はkgとかmとか単位を間違えないようにしましょうね。
身長160cmの人は1.6mです。


<BMIの目安>
22    → 健康を意識した場合、最も良い数値
25〜29 → 高脂血症や高血圧などの生活習慣病に注意
30以上  → 肥満症として治療を要する。


知っています?、
 ガンってDNAに元々組み込まれた仕組みなんです。

 不摂生を続けていると細胞が突然変異を起こして
 小さな癌細胞に変わります。

 小さなガン細胞は大抵は抗体にやっつけられるのだけれど
 中には図太く生き残り、
 10年かかってピンポン玉位の大きさに成長して
 増殖して体中に転移して正常な細胞を攻撃する。

 そんな仕組みが私達の体に元から備わっているのですって。


 


 



 



posted by 花翠 at 18:28| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
テスト テスト テスト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。